掲載している現在ページ :ホームページ >> 食は海南にて
海南熱帯果物
 

 海南島では、品質が優良の熱帯・亜熱帯果物は沢山ある。有る熱帯果物はただ海南島にある。有る亜熱帯果物は、熟す時間が中国他の地方より早くて、1ヶ月か2ヶ月早めに市場に出る。ただしスイカだけは一年中にも取れて、四季に甘い。

 海南島で果物の木は、人口栽培と自生と合わせて合29科、53属、400余り種類がある。世界の他の果物地区でも希有である。その中、原産地が海南島である品種類は、リュウガン・レイシ・バナナ・銀梅花・錐栗(しいの木の一種類)・オリーブ、ヤマモモ、タマリンド(酸っぱい豆の実になる木)、ユコウ、自生の無花果などがある。東南アジアと他の地方より導入された品種類は、石榴・サボジラ・カシューナッツ・アボカド・グアバ・甘葡萄・パイナップル・マンゴ・マンゴスチン・金柑・コーモータンなどがある。

海南日報ジャーナリズム集団南海ウェブ 版権所有 1999-2009
電話:(86)0898-66810815  ファックス:0898-66810545
住所:海南省海口市金盤路30号新聞大厦ビル9階